年末年始の裁判所

そろそろ今年も終わりますね。裁判所の年末年始のお話です。

忙しいです。特に年末!!

今週金曜日も忙しかったNE!

目次

年末

裁判所は12月28日まで開いていて、お休みは12月29日からになります。

民事や家事の受付をする係だと、

「今年中に申立てしておきたい!」

という人がかなり来ます。

刑事の受付だと、勾留期間の満了日が年末年始に引っかかる場合は年末で起訴することが多いので、

起訴がめちゃめちゃ多いです。

これが配布されるのは年始の1月4日になります。

事件部だと、

年内に審理を進めておきたい!

とか、

刑事部では、

第1回で結審するような事件は年を越す前に判決出してほしい!

なんならその日に判決も出してほしい!

ということでぎゅうぎゅうに期日があることがあります。

特に「勾留されているけど、事案的に執行猶予が付きそうな事件」の場合は、

年を越してしまうとその分勾留され続けることになるので、判決を出してもらって釈放してほしい

という事情があります。

ほかにも、

年末年始は家で過ごしたいから保釈して!

とか、あります。

「年末年始は家で過ごしたいから保釈してほしい」

と、保釈請求書に書いてあることは、無いと言いたいけど、実際に書いてあることはあります。

なので、年末の保釈請求も多いです。

刑事の事件部は、法廷がみっちり入っていたり、

仮に入っていなくても保釈請求の処理などで結構忙しいです。

御用納め

ごようおさめ、と読みます。

裁判所は、12月28日が最終日なので御用納めといいます。ほかの公官庁でもそういうらしいです。

以前は「部屋飲み」というものが行われていました。

「仕事終わりに、執務室で飲み会をすること」です。

これは、忘年会とはまた別の飲み会です。

12月28日の終業時間以降に、各々の部で飲み会をしていました。

めっちゃめちゃ忙しいと言っているのに、飲み会するヒマはあったの?

と思われるかもしれませんが、

仕事が終わってない人は仕事をして、終わった人から飲み会をやっていました。

そして仕事が終わったら途中から参加する、という感じです。

今は、コロナうんぬんを抜きにしても、執務室でお酒飲むことは禁止されています。

というか、忘年会やったのにまだ飲み会するんかい!と思います。

正直、部屋飲み禁止されてよかったなと思うわたし。

年始

裁判所は1月4日から仕事が始まります。

御用始めと言います。ごようはじめ。

御用始めといっても、特別になにかするわけではなく、

「明けましておめでとうございます。」と言って、普段通りに仕事を始めます。

味気ない( ;∀;)

1月4日は、休みの間に出されて溜めに溜められていた郵便がどっさり来ます。

訴状とか申立書が山のように来ます。(民事や家事の話)

刑事の場合は、12月28日に起訴された事件がこの日に配布されます。

山のように。

受付けは年始から全力おしごと!!!( ;∀;)

一方で、事件部は1月4日から期日を入れることは基本的には無いです。

弁護士事務所もまだ仕事始まっていなかったりします。

そういう意味では、事件部はそこまで忙しくないですね。

期日も入っていないので、1月4日は休暇を取りやすく、休むという人もいます。

忙しいのは、事件の受付けをする係かもしれません。

あとは、配布された事件を処理する事務官。え。

昔話

私は経験していない昔の話なのですが、

12月28日の最終日の午後には、すこしずつ酒盛りを開始していた、

とか、

所長がお酒持って挨拶まわりをしていた

とか、そういう話を聞いたことがあります。

酒盛りしてる場合じゃねぇ!( ゚Д゚)

年始の1月4日は、女性は綺麗な着物を着てきて挨拶まわりをしていたとか。

綺麗な着物じゃ仕事はできねぇ!( ゚Д゚)

昔はそうだったらしいです。一体いつ頃の話なんだろうか…

ヒマだったのかな…( ;∀;)

酒盛りについてはまったく羨ましくないけど、年始は挨拶まわりをする様な余裕は欲しいなぁと思います。

年始はもうすこしゆっくり仕事したいですぅ( ;∀;)

当直

年末年始で世間はお休みモードでも、日直も宿直もあるよ!な裁判所もあります。

日直や宿直についてはコチラ☆

年末年始やゴールデンウィークなどの日直・宿直は公募制なのですが、これが結構人気なんです。

年末年始はどこも行かないし予定もないし、という人が応募します。

私も年末年始はどこにも行かない人間ですが、休みたいので応募はしたことありません。

ですので、聞いた話だけになりますが、

年末年始だからといって暇なわけではないそうです。特に年末は結構忙しいみたいです。

勾留の期限が来るから勾留日数を延長してほしいという請求(勾留延長請求)は通常は平日に来るのですが、

年末年始やゴールデンウィークなどの長い休みに勾留の期限が引っかかるときは、休日にも請求が来ます。

それを処理するのは当直員になるので、普段より仕事が増えます。

年末に当直をやったことがある人に、「年越しそばとか食べるんですか?」

と聞くと、

「いや~、そんなヒマなかったなぁ」

という答えが返ってきました。

でも宿日直の忙しさって、その日による、としか言えないんですよね…

一方で、年始は年末ほど忙しくないという話も聞きます。

令状や勾留請求数は、やはり少ないみたいです。

年末に仕事をやり切って年始を迎えるので、年始の仕事は少ないのかもしれません。

終わりに

みなさんよいお年をお迎えください。

きっと、よいお年をお迎えたいから、今年中に申立てをしたり、判決を出してもらうのでしょう。

なかの人は、あと三日、出勤してきま~す( ;∀;)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 私も以前、裁判所にお世話になっていました(変な意味じゃない方です)。
    執務室での酒盛りは有名でしたね。
    また、裁判官なんて28日の昼間からランチでお酒飲んでいた人もチラホラ・・・。

    そんな内情を知っていると、こんなブログは懐かしく感じます。

    • コメントありがとうございます。
      裁判官は昼間のランチからお酒飲んでいたんですね!知りませんでした!
      懐かしく感じて頂けて嬉しいです(^^♪
      これからもよろしくお願いします。

コメントする

目次